x61にwimaxモジュールを内蔵


今使っているx61は結構な勢いでカスタムをしている。

SSDの置換をした事によって、純正は150Mbpsに制限されているんだけど
チップセット上は、SATAの規格でいうと、倍の300Mbpsは出るはずなので
BIOSでリミッターをかけているという事で、BIOSを焼き直して
そのあたりの制限という制限を全部取っ払っている。

今回、増設したWimaxとwifiのモジュールもレノボ純正じゃなく
インテルの汎用モジュールを組み込んだ物となっている。

これ、BIOSに制限があると最初の起動時BIOSチェックで
エラー1806だったか?を出力し一切立ち上がらないPCができあがってしまう。

その点既にリミッターをカットしているBIOSなので汎用モジュールでも
全然問題無しという手軽さ。

では、実際に動作を見ていきましょう。
x61では見慣れないユーティリティですよねぇ。
書いてるとおり、Wimaxとwifiは排他仕様なので
どちらかの通信規格を使うか選択する必要がある。
UQ Wimaxがアンテナバリ3でヒットしている事が分かりますね。
早速つないでみましょう。
書いてる通り未契約でもつながると書いてある。
見事に接続されましたね。
ネットワーク詳細を見ていきましょう。
未契約の場合は、各社wimaxを提供してきるインフォメーションページにつながります。
wimaxで通信しているって事も含めて、問題無く通信できているのが確認できます。

基本、本体に純正のWLANモジュールを内蔵しているので
最悪親機から近ければ通信もできるんですが、
アンテナを今回増設したモジュールに接続しているので
その点、漏れ電波のみ拾ってる感じです。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts