NASサーバー構造改革


NASサーバーの構造を変更しようと思います。

何を変更するかといいますと、
現在デュアルネットワークカードが1枚刺さっていますが、
当初オンボードのネットワークカードを使い
4本でチーミングを組みラウンドロビンで
100x4400Mbpsを確保する予定でした。

しかし、今日の空模様にも書きましたが
オンボードのネットワークカードが腐っているので
その構成が不可能になりました。

ですので、今回ファイバーチャネルを使い構成を組んでみようと思う。

ちょうどL3スイッチに3つ1000Mbps『1000base−fx』の口が開いています。

これにより規格上、上り・下りが別ファイバーにて
送信されますので1000Mbpsきっちりでるので
ローカル内は快適なストレージとして使えそう。

さて、一体どうなりますかな。
状況が変われば掲載しますね。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts