テリキ配管劣化で2次空気流入


私のテリキは古いですからあちこちが劣化してきてます。[:がーん:]

最近ブースト計で見る限り負圧がやけに0に近いと思っていたのです。

そして、タービンからオイルも漏れているようです。

負圧側はエンジンコンディションに直結して左右されます。
考えられる事としては以下の通り。

○ピストンリングの磨耗
 ピストンリングに関しては、何気に8万キロ程では磨耗しないらしい。

○配管劣化及び抜け

早速考えられる配管劣化を疑い調査に入ります。

エンジンをかけて音を聞きます。

なんせ、バキュームですからよーく耳をすまして聞くと
シーシー言っている場所を探します。

ありました。

エンジンヘッドにつながっている
ブローバイ吸引用PCVバルブ先端が
なんと抜けているではないかー。[:がーん:]

[:下:]この部分が劣化してエンジンヘッドから抜けていました。
 すでに修正しているので、赤い配管に置換されています。

これでは、エンジンヘッドが負圧になるわけありません。
これでは常に正圧です。タービンからオイルが漏れるわな。
タービンからのオイル漏れはエンジンヘッド内が
負圧になっていない事が関係します。

次にブースト計をつないでる配管からシーシー言っています。

手で配管を摘んだら回転が少し落ち込みます。
ここからも2次空気を吸っていました。

結果サージタンクから出ている
数本のバキューム配管が劣化して亀裂が入り
2次空気を吸っているのが原因です。

[:下:]見事に亀裂がはいっていますね。

こちらは、すべて耐油系のシリコンホースを
買ってきてすべて交換しました。

[:下:]交換した部品です。

今は、負圧がいい感じに復活して
エンジンブレーキ時も-600程度まで下がる事を確認しました。

その他の配管も劣化しかけだと思いますので
順次交換しようと思います。

[:下:]手が届く部分は、さくっと交換してあります。

[:下:]ここも少しだけ劣化しかけてますね。

[:下:]交換しました。

[:下:]エンジンルーム全体です。
 赤い配管にした事によりかなりドレスアップされた感じです。[:にかっ:]


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts