ZOOM R16 がほしいぃ


ということで、ZOOM R16がほしいと言うことで
それが何なのかを少し紹介したいと思います。

そもそも、歌をきれいに録音したいという希望があったとします。
1人でハモったり、人数が大勢いたりするように重ねて音の厚みを出したい。

それって、音源を再生して別サンプラーで録音して
さらにそれを複数やらないと、同様なことはできないのです。

しかしですよ、MTRって言われる機材があれば比較的簡単にそれが実現できる。

ZOOM R16は、マルチチャンネル 8チャンネルのマルチパートで
録音できる代物です。

これだけ聞くとぱっとしませんよね?そうですよね。
分かります。ほとんどの人がそうだと思うので・・・。

今市販されているCDは、各パートごとで録音されて
最後にダウンミックスされるような状況で1つの曲に仕上げていることが多い。

というか、ほぼそれしかないのではないかと思いますが・・・。

それを家庭でやろうとすると、かなり大がかりで大変なので
そこでMTRの出番です。

カラオケの音源を用意して、そこからその音源を再生しながら
2ch目で自分の声を録音する。

そして、その2つの音源を再生しながら、4ch目でハモりを録音する。

まだ、chが余っているので、さらに人数ましのハモりを録音して
最後一斉に再生させると複数人で歌っている雰囲気が出せたりするので
非常に重宝すると思うのです。

これにボイスエフェクターをつかって、音声にエコーを入れて
録音する事でさらに良い感じに聞こえるのではないかと思います。

このような環境を簡単に実現できるのが、MTRなのです。

CASにもこういうの使えるとおもうので
是非使っていきたいなって思いますね。

かったら、まず、どこかのカラオケに持ち込んで
録音してテストしてみたいですね。

1人、あずさ2号とかやってみますか?
それとも、エフェクターを使ってハーモニーで実現しますか?

むかしは、エフェクターでハーモニーでハモって歌うを目標に
していましが、どうして声が重なっている所ってエフェクターでは
絶対実現できないってのが分かったので、MTRで自分の声でやりたいですね。

大分サウンドクリエイター風になってきましたが
まだまだ、勉強することは多いですよ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts