WILLCOMのスマートループアダプタ


これが、どのように動くか興味があります。
というのも、WILLCOMのアンテナは首都圏や人口密度の多いところには
いっぱい有るので問題ないですが、
実際長距離走ることも多く高速道路の山間部では
ほぼ使い物にならない?そんな気がします。

また、山間部走行中町でアンテナが有った場合
100キロ程度で走行している最中、問題なくデータ交換できるのか?

WILLCOMの基地局1つに対して
500mしかサービスエリアが無いのです。

100キロで走行していて、1分で走る距離は約1,6キロ
1秒約26mなので500mを通過するのに
所用する時間は約19秒…。

アンテナ基地局から半径なのでうまく電波を
つかんでも19秒の倍40秒弱という事になります。

この間に、ナビに蓄積されている座標と時間をアップロードし
スマートループのサーバーから最新の情報を
ダウンロードする…。

コネクションと認証に数秒から数十秒消費されることを
考えたらかなりシビアな時間だと思います。

また100キロの速度で良好な通信状態が維持できるとは
思えないので、その部分も取り付け後レビューしたいと思います。

——-
sent from WILLCOM 03


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts