テキリ改造計画『オイルクーラー』


やはり、高速をはしっていると油温があがりすぎる事がかなり悩みの種ですね。[:汗:]

って事でオイルクーラーをつけようかと思ったりしています。[:チョキ:]

オイルクーラーを取り付けるには、サンドイッチ型オイルアタッチメントを
取り付ける方法を検討しましたが、これはかなりダメです。

なぜ?

テリキは、オイルフィルターの近くに
タービン冷却の為にオイルラインが隣接していてかなり狭い。

今油圧や油温取り出し用に
オイルブロックをつけた時非常に難儀しました。[:メモ:]

簡単につけるならやはりオイルフィルターを移設するのが良いかと思う。

それに油温管理用にサーモスタットを取り付ける必要があって、
こちらの局面からみてもやはり移設が必要かと。

ただ、移設したらオイルラインが増える訳で
オイル漏れの心配もあったりオイルポンプが
ノーマルのままですので油圧低下が心配になったり。

とりまわすラインを最小限にする必要がある気がします。

後は、オイルクーラーコアをエアコンコンデンサの前に
ステーを取り付けてそこにコアを取り付ける予定ですが、
バンパーを外す必要があるのですが
個人的に外せるのかどうか微妙です。

さてさて、いったいどうなりますでしょうか?

負荷が高い状態で油温115度より上がらないのであれば付けたいです。

オイルクーラーコアの段数を増やせば可能でしょうが、
油圧が厳しくなりそうなので良い塩梅で選定する必要ありですね。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts