台風21号 続報


台風21号 22日00時現在の情報

超大型で非常に強い台風21号は、勢力を保ったまま北上中で有り、今後はさらに発達しながら北寄りに進み、22日(日)にかけて沖縄・大東諸島付近を通過します。その後、週明けに本州へ直撃する恐れがあります。沖縄から北日本の広い範囲で、大雨や暴風、高波、高潮等に厳重な警戒が必要です。
また、台風から暖かく湿った空気が流れ込んで前線が活発化します。台風接近前の22日(日)から、九州から東北の広いエリアでは雨がまとまり大雨となる恐れがあります。

00時現在の状況を見ていきましょう。

事務所周辺の21日の気象情報の変化履歴をお伝えします。

外気温の1日の変化履歴

結局15度台から始まって17度後半までしか下がらず、現在の当たりは17.7度です。

風速の1日の変化履歴

風も、結局の所特に台風の影響はまだ無いようです。特にそよ風程度で大きな変化はなかったです。

降水量の1日の変化履歴

小雨の積み上がりで20mmをちょっと越えた当たりで終わりで、1日を終えました。今も若干は降ってる物のたいした降水量ではないです。rateとしては1.8mm/h位です。

気圧の1日の変化履歴

気圧は、最後日付変更線を超える前当たりで、ぐっと頭を下げましたね。1017hPaから1013.7hPaまで下がっています。結構な下がり幅ですね。台風自体が現在925hPaなので、もっとも接近した段階で970hPaとか950hPaとか位まではもしかしたら下がるかも知れません。

関東甲信への影響について

台風が近づく前のあすからザーザー降りの雨となるでしょう。非常に激しい雨の降る所もある見込みです。風が次第に強まり、横なぐりの雨になるでしょう。台風が最も接近するのはあさってです。あさっての未明から朝は台風本体の雨雲がかかるでしょう。風のピークは明け方から昼頃にかけてで、沿岸部では看板が落下するほどの非常に強い風が吹く見込みです。交通機関が大きく乱れる恐れがあります。現時点での出社予定は、月曜日は午前中は様子を見て、午後からゆっくりの出社にしようと思います。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts