おかしいぞ。負荷率監視からアラーム


いかん。

ブログやテリキのサイトは無事表示されているが
実はバックアップサーバーがお亡くなりになったようだ。

[:メモ:]さっき確認したらディスクエラーだろうか!!
途中でモジュールが読めなくなりカーネルクラッシュするようだ!!

といっても、K6の450MHzの自作機なんですが[:ぽっ:]

何に影響がでているかというと、
負荷率がすでに13まであがっているのである。

原因は、冒頭でも記載しましたがバックアップサーバーへのNFSマウントしている訳で
毎晩シェルスクリプトにでバックアップをとっていて
深夜バックアップシェルが動いたタイミングで止まっているようだ。

なのでメインServerでdfコマンドを打ったらもう帰ってきません。

いやはや、NFSのタイムアウトの設定入れとけばよかったな。

参ったまいった。

帰って再起動かゾンビプロセスのキル作業を行う予定。

[:右:]NetFSのサービスを停止させてrebootコマンドで再起動させました。
Blog上に掲載している連続稼働時間がまた0に戻ってしまいました。[:あうっ:]

そんなへたれ技術者な訳ですな。[:しくしく:]

バックアップシェルで子シェルでNFSマウントシェルを頭でキックして
マウントしにいって、シェルの終わりでクローズさせていない仕様だったので
この辺が甘かったようだ。

バックアップシェルのクーロンをどちらにせよ止めないといけないので
ついでにNFSマウントシェルを改装しようと思う。

[:右:]今日はできなさそう。後日だね。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts