ヴェルファイア ハイブリッドを買う

20170404_084839.png

という事で、軽自動車を乗り継いできましたが、今の軽自動車が故障続きで安心して乗れない為に別の車に乗り換える予定です。

いろいろ条件を選定してたら、この車種になりそうな気配。

そもそも今の車が、燃費からして夏なんてエアコンも使うし、燃費なんて10なんて全く走らないです。

下手したら6とかその辺りまで落ち込んでしまうのと、後ろにエアコンの吹き出し口がない為、後ろは灼熱なんですよ。

暖房は、後ろ用についてますが、冷房ですよね。問題なのは!

で、どういう事が起こるのか!?
前は18度位にしてガンガン冷やしてあげて、長距離走っていると冷えて寒いんですね!

それでも、後ろはやっと冷えてきたなぁって感じ。

さらに、エアコンのコンデンサ面積が絶対的に足りないのです!

何が起こるのか?
信号で止まると、冷風がでない
いや、正確には冷風はでてるけど走行時とかなりの差が出てしまう。

なぜそういうことになってるのか?
ってことなんですが、上にも書いたように放熱するコンデンサの面積が少ない事によって、放熱できない状況に陥るぽい。

停車中エアコンかけて、コンデンサを触ると、半端なく熱い!
さわれないくらい熱いんです。

ラジエターファンで放熱はされてるんですよ!それでも、触れないくらい熱いんですよ。

結局放熱が間に合わず、エアコンの吹き出し温度が上がるということですね。

燃費の話に戻しますが、ベルファイアハイブリッドは、普通にコンスタントに12から16位の間になるらしいので、高速道路の利用料が増えても、ガソリンの消費料がさがるので、実にペイできてお釣りまで帰ってきてしまう試算ができました。

夏場なんて、6としたらベルファイアが12としても、倍は走るので仮に600キロ走ったとして、60リットルのガソリンを消費する所、ベツファイアハイブリッドは、その半分30リットルで済む訳です。

レギュラーガソリンが、114円としたら6840円と3420円と差ができる訳です。

高速道路が、普通車と軽自動車と数千円しか違わないので、ガソリンの差で十分元が取れます。

実家まで行くのに、夏で今の軽自動車では3回ほど給油するんですよね。

3500×3 10500円が片道の燃料費となりますが、これがベツファイアハイブリッドなら、5250円で済むことになります。

1回いれると、1000キロ位は頑張れば走るそうなので、ちょっと期待大きいですね。

快適になって居住空間と燃費を考えると、早々に買い替えを検討しないといけないと思ってます。

この車何気に高級車なので、今の現行30系は買えないと思うので、20系の程度のいい奴を探そうと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`fc2` not found]

PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts