ECのオープンソース


世の中各種CRMは有れども
殆どあたりまえですが[:あうっ:]有料[:あうっ:]がおおいです。

個人的に少しやるには集客をどれぐらい集められるかわかりませんし
何十万も何百万もの費用を出せるわけもなく。[:下:]

そういう時に大変便利なオープンソース
ECパッケージが数は少ないですが存在します。
それらを駆使してECサイトをあげようと思います。

考えられる手順はこんな所。

○オープンソースECパッケージ選定
○パッケージインストール
○データベース設定
○操作方法理解
○フロントページデザイン作成
○販売物選定
○商品登録
○個人情報取扱フォームSSL証明書取得
○サイト正式オープン
○リンク管理やCM
○SEO対策
 ○受注の管理
  ○発送業務
  ○製品作成
  ○サイト登録

こんなサイクルで回せたらなと思います。

これにかかる費用はサーバ運用費用と
年間ドメイン使用料・公的証明書費用である。

公的証明書は安い所では3,900円も存在します。

 [:右:]SSL サーバ証明書 格安・即発行 Rapid-SSL.jp

ベリサインなどでは個人的に取得するのは難しいかも。
しかも個人的に使うには高すぎる。
9万円弱かかります。[:きゅー:]

必要経費を試算しても以下のとおり。

○ドメイン4,600円/年
○公的証明書3,900円/年
○レンタルサーバ2,600円/月
年間コストは39,700円でECサイトをあげれそう。[:チョキ:]

それが高いか安いかは売れ行き次第ですが
月になおせは3,308円という事になります。

単純計算利益340円の物を10個売れば
もとが取れる計算にそんな事を考えています。[:にかっ:]

もちろん商人としての登録や確定申告など
税金面などの知識は多少必要になります。

一番大きな所が会社規定の中に
サイドビジネスへの規定類が無いことが前提です。

外資系の一部では上売上限金額が決まっている場合もあります。
商売をやっているのがバレて首になっては元も子もないですから。[:がーん:]


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts