C27 セレナ ヘッドライト Hi側 LED化


せC27 セレナ プロジェクター ハイビーム側LED化

C27セレナですが、納車時のオプションでヘッドライトをプロジェクターLEDに変更してもらっていますが、これが普通にハイビーム側はハロゲンなんですよね。まあ、ハロゲンはハロゲンで良さもあるんですけどね。

ハロゲン何がいいの?

私がいいと思うハロゲンの利点についてなんですが、まずは、ハロゲンは白熱球であるって事ですね。例えば雪の日でもヘッドライトに着いた雪を溶かしてくれたりしますね。これが低消費電流のLEDやHIDではそうは行かないですよね?

次に、ハロゲン照射色ですが、4300ケルビン位でしょうか?黄色よりは白っぽいですが、けして真っ白じゃない。ちょうど下記の4300ケルビンくらいの色になるので、雨・霧の際に司会を確保する事が出来るのが利点だと思っています。

ハロゲン逆に何が駄目なの?

そうですね!?やっぱりぱっと見ですね、Low側ヘッドライトが6000ケルビンで、ハイビーム側が4300ケルビンなら若干の違和感がありますよね?色が違うんで。車好きからすると全部合わせたい感じもしますし、ハロゲン=ダサいというHIDがでてきた時でしょうかね。そういう風習もあったくらいです。こだわれなければ問題無し。ただ、やっぱりLow側に色を寄せたいなら交換すべしなんです。

じゃあどうするの?

C27セレナのヘッドライト(プロジェクタ式しか確認してませんが)は、H8規格がつく様になっているので、H8/H9/H11規格のHIDもしくはLEDに交換するのがいいと思いますが、HIDはちょっと瞬間的につけたり消したりするのが、非常に苦手な部類に入ります。HIDはヘッドライトの中に石英管にキセノンガスを入れて、超高電圧で放電させて、その放電した際水銀などに電子がぶつかって発光するパターンになりますので、実に水銀灯的につけてから色が安定するまで時間がかかる特性を持っています。それに、HIDはイグナイターなどで12Vから数万ボルトの電圧を生成しているので、昇圧する等に時間がかかるのも事実なので、この場合、適切な交換バルブとして選定するのはLEDバルブという事になります。

LEDは、素子自体が発光するため、瞬間的につけたり消したりといった、パッシング時のダメージなども比較的少ないと思われます。ただ、LEDにも欠点はあるんですよ。熱に弱いって事で、LEDバルブに何かしらの熱対策を施されているバルブが必須になります。ハイビームをつけたまま長時間走り続ける事なんて、ほぼ想定できないですが、1km位なら走ってしまうかも知れませんね。その際もLEDは熱に弱い特性から、素子に熱を持たさない放熱の仕組みがついてると長持ちします。LEDは消費電力も少ない特性ですし、消費電力が少ない=オルタネーターをばんばん回さなくても良いとなり、低燃費運転に寄与します。

どんなバルブを買えばいい?

アマゾンでセール品の5000円弱で買えるLEDがつけることが出来ます。そのほか数種類つけれるとレポがあがってきているのもあるのですが、数万単位なので、安く上げるならこれ2年保証ですし、これで十分じゃないかと思います。しかも、一応車検とおる範囲を照らすだけの光軸になっているっぽいので、そこは自己責任ではありますが、安心出来る所じゃないかなと思います。消費電力的には、3.6A程度で約40W程度の明るさがあるようです。これ、いったん明日にでも取り付けてこようと思います。右は良さそうですが、左がつけにくいって話でした。上手くいきますかね。取り付けてみてのお楽しみですね。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts

Leave a Comment