山梨県 山中湖 四季の宿 柊に泊まって思ったこと!


口コミ情報

先日、山梨県の山中湖畔にある山梨県 山中湖 四季の宿 柊に泊まって思ったこと!を記事として書こうと思います。以下はトクートラベルにも同様の内容を記載しましたが、おそらく日の目を見ることはないでしょう。契約上売り上げを上げることを目的にやっているはずですが、書いた内容は真逆の内容になるため、了解なく記載は削除されるかと思います。隠しても仕方がないので真実を下記に書いておきます。

よくなかった点

1.当日、現地に着いたら玄関にカギが締まっていて、チャイムを押さないと入れないというシステムにまず戸惑いと驚きを隠せない。後で聞くと他の国の方がいきなり入ってきて困るからだそうだ。といいつつ、宿の中はやたらと注意書きが英語で書かれていて、なんかちぐはぐだなぁって感じだった。

2.FREE wifi 使えると書いているが一切つながらなかった。廊下にバッファローの民生用のAPが!設置されていた。ぶっちゃけ我が家のほうがかなり本格的なシステムを構築しているが、それも、IPは取れるもののインターネットに出れない。2F用・3F用のアクセスポイントに接続しても出れない。
結局テザリングで動画アマゾンプライム見たので、一晩で8GBも流してしまった。翌日は低速回線にorg。使えないなら無いほうがましですよね。生き地獄でした。IT関連の仕事をしている上でネット回線は重要、それにこのFreeWifi 暗号化なしだった。こんな回線危なくて使えないよ。まあ、そういうためのVPNサーバを自宅に起動しているのだが、トンネル・トンネル!!ってその前につながらないから、それ以前の問題よね。

3.自由に出入りができないこと。
常に玄関に鍵がかかっているので出入りするの気を使って軟禁状態。前夜祭で盛り上がっていただろうけど夜中など外出などできず。

特によくなかった点

なんといっても、先払いしているのに、現金しか受け付けないといって現金で支払いさせられたこと。
トクートラベルの管理画面では、支払い済み・現地支払い0円になっているのに、どういうことなんでしょうね。トクートラベル側に強くクレームを入れた。トクートラベルさんからは、折り返しの連絡なし。宿に強く文句言ったんでしょうね。

その後、宿側から謝罪もなく手違いがあった。返金するから口座番号を知らせろと一方的な電話があった。お金返せばいいというものではないと思いますがね。それに、トクートラベルさんも言ってましたが、宿側の言い分では、支払いが終わっている情報はあれば、こんな手違いは起こらなかった。着いて早々にクレカは使えないから、現金だ!現金!という感じで、しぶしぶ隣のコンビニでお金をおろしてきて支払いをしました。領収書もお金を支払ったらまずは、領収書発行が基本ですが、翌日宿を出る直前に私が言ってやっと領収書を書きだす始末。まあ、今回こういうことになることが想定されたので、領収書を普段だと、別にいいですよって終わるところ、発行してもらった経緯。2重請求で16000円取られる所でした。

と、こちらが悪い・もしくは、トクートラベルさんが悪いような言い分をおっしゃってましたが、ちゃんと、謝罪くらいはちゃんとしてほしかったですね。一応客商売なんだから。どんなことがあっても、まずは誤らないとですね。その後、トクートラベルさんと御社で契約している内容を確認いただきクレカ使わせたくないなら、現地現金払いの契約を交わしたらいかがでしょうか?と言いたいくらいでした。

1つくらいは良い点を書いとくか

土曜日というのに泊っている人は私一人だったため、静かに寝れた。子供ずれの宿泊禁止の宿らしい。後で調べたらそんなことが書かれていた。

もう行くこともない宿

来年もOPM2018に行く予定ですが、もう宿はいいっすわ。どこかのSA・PAか駐車場で車中泊をしてイベントに臨もうと思います。4000円でもあと2000円足せば、伊藤園グループの飲み放題・食べ放題の宿に泊まれるわけで、特にイベント会場に近いというだけの理由で使いましたが、こんな嫌な思いをするくらいなら、100%お金を捨ててキャンセルしたほうがよかったですね。しかも、当日は2名予定でしたが、1名いけなくなって1名で2名分の料金を払って宿泊しました。僕が経営者なら1名のみの金額請求して後は返金しますけどね。

もちろんキャンセル料は、明示的に歌っているものになるので、契約上支払わなくてはならない金額です。それについては、契約を双方守っている状態も元です。なので、私もクレジットカードで支払済みの契約に元、何もキャンセル料については、触れなかったのですが、今回は、そうではない気がします。契約外に現地支払いさせられているので、それ返すには当然ながら、キャンセル料云々言えないですよね。100円でも1000円でも多く取りたいのは分かりますが、経営方針の話ですね。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts