【燻製ベーコン】今週末にキャンプに行ってきます。


ということで、今週末にキャンプに行くことになったので、
朝の朝食に欠かせないベーコンエッグ用自家製ベーコンを作ることにしました。

今回が初めてではなくて、もう数回つくった実績があるので
なれた手つきでやっていたらなんだか失敗しそうですが。[:汗:]

ベーコンって作るの簡単ですがそれなりに時間はかかります。

では、ここで備忘録を!!

[:○:]ベーコン作り方!!

[:右:]下ごしらえ
  1。豚バラブロックを買ってくる。
  2。買ってきた豚バラブロックを流水でよく洗い水気をきる。
  3。フォークを手に持ち、これでもか!というくらい肉[:怒:]につきさす。
  4。オールスパイス・岩塩(塩化ナトリウム[:×:]辛いだけです)をよくすり込む。
    材料の何%とか細かいことは抜きで塩漬けしちゃってください。
    後で、塩抜きをしますので塩辛くて食べれないことは
    今まで無かったです。[:ぎょ:]
    我が家では、オールスパイスを調合するのが面倒なので
    クレイジーソルトを使っています。
    ベーコンを作る際に必須なスパイス類がほとんど入っています。

  5。両面側面良くすり込めたところで、密閉できる袋を用意。
    大きめのジップロックを使っています。
  6。5で用意した袋に入れてさらに上から適量の岩塩をふりかける。
  7。空気ができるだけ残らないように追い出し密閉する。
  8。ゴムで形が崩れないように縛る。

[:右:]キャンプに行く前までの準備
  1。上の工程で下ごしらえした肉の塊を必ず毎日ひっくり返す。

自家製ベー^コン2

    ※[:下:]のように水が出ているようだったら、こまめに捨ててください。

自家製ベーコン1

[:右:]キャンプに出発する前1日前19時前後
  1。塩抜きを始める。
    ボールに水を張り、少々水を出しっぱなしにして約3時間程度塩抜き。
    水を節約する場合は、水を定期的に交換する。
  2。塩抜きが終わった肉をキッチンペーパーを使い水気を切る。

  ※本来がここから、日陰で2日ほど風乾させるのだが
    今の季節腐る可能性もあるので、秘密兵器を使う。

  3。キャンプ用品メーカーから燻製シートといわれる物が
    発売されているので【手順2】で用意した肉をそのシートでくるみ
    ジップロックに入れてから冷蔵庫にて乾燥させる。
    また、ピチットシート・スーパー(18枚業務用)といわれる乾燥シートも
    出ているのでいずれかを使うことで
    冷蔵庫で安全に乾燥させることができる。

  ※前回まで、キャンプ場で塩抜きをやってそのまま乾かさずに燻製に
    していたので、余り色も付かず(おいしいですが)でしたので
    今回から秘密兵器投入です。[:チョキ:]

[:右:]キャンプ当日
  1。上で用意した肉をクーラーボックスに入れて現地に持ち込む。
    ※できれば、朝脱水状態を見て水が出ていれば完全に捨て
     再度新しいピチットもしくは燻製シートにくるむ。
   
  2。いよいよ燻製にする時がきました。
    燻製機

  3。材料をフックにかけて燻製機の中につるします。

  4。チップを燻製機の底面に敷き詰めます。
    ベーコンなのでヒッコリーを使っています。

  5。後は、弱火にして煙の出具合を火加減で調整し4時間程度いぶします。

  6。温燻の場合、この後に熱湯に45分程度茹でて
    殺菌をする必要があるのですが、我が家では温燻にはせず
    最初温燻の温度で表面に色をつけて、その後熱燻温度で中まで
    火を通すようにしているので殺菌の工程はありません。

[:右:]その後
 1。できれば冷蔵庫で1日寝かしたほうがさらにおいしくなります。

それほどたいした作業ではないですが、
時間をかければ自家製ベーコンも作ることができるので、
是非チャレンジしてみてください。

ぶっちゃけ途中の段階で記事を作ってしまったので
キャンプ場に行った際写真を撮影して更新します。[:にこっ:]


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts

One Thought to “【燻製ベーコン】今週末にキャンプに行ってきます。”

  1. アイスクリーム業務用

    アイスクリーム業務用に関する情報がいっぱいです。役立つものばかりです。

Comments are closed.