国語がまってく駄目だった僕がブログを書き続ける理由


ぼくは、まず文字を読むことが嫌いだった。
文字を書くことも嫌いだった・・・・。

だから、昔からまともに本など読んだことが無かった。
それは学校の教科書でも同じ。

そういう状態で小学・中学・高校とすすむ時に
パソコンというツールが家に導入された。

当時、日本国内のパソコンはNECか富士通かシャープと決まっていた。

うちにきたのは、NECのPC6601SR(CPUはZ80 別名MrPC)という
当時最先端のワイヤレスキーボードを搭載し、なおかつ片面単密ではあるが
3.5インチのフロッピーディスクも1台搭載されていた。
さらにもう1つオプションとして、1台増設する事が可能という代物。

また、そのほかの記憶媒体としては、
ノーマルのテープによる記録を行うレコーダーもオプションだったと思うが
買って取り付けた。

持ち主は、兄貴のものであったが
当時の金額で数十万 今の価値だとへたしたら50万のるか載らないか
そういう金額の代物だっと思われる。

価格は、当時の価格で本体・TVにもなるモニターと
ワイヤレスキーボードで155,000円となっている。

それを触るうち、キーボードによる入力と変換(当時日本語デベロッパー)とか
呼んでいた気がするが、そのFDを入れることによって
キーボード入力によって漢字入力が可能になったのだ。

そこから一気に私は文字を書くのはパソコンで書こうという
いわゆる今のスタイルが確立されたのだ。

それは小学生の頃である。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts