DIAMOND SX-400 SWRメーター 照明玉切れ


数日までは、上記写真の様に照明が光っておりましたが、3日前からいきなり不点灯になりました。
この機種は、普通の直管直熱式の12Vの白熱球が内蔵されております。
この玉を探してきて、付け替えても良いのですが、
私が無線を再開したのは今年の1月からなので、実質3ヶ月で玉が切れたという事になります。
それに、軽く調査しても直熱式12Vとかでやっても、なかなか同じような電球がヒットしてこないです。

24時間電源入れっぱなしでもなかったのですが、早すぎる玉切れでしたね。
ということで、これをどうするか?を検討します。

1.DIAMONDに修理依頼をかける。(特に保証についての項目がないですね。保証がないのかも)
2.電球を見つけてきて自己交換
3.LEDに換装

この3つかと思います。
1でもよかったのですが、玉切れは保証対象外だといわれかねないので
2か3にしたいと思います。

結論からすると

3を選択しました。単純に考えて12Vの白熱球の代わりに3VのLEDを抵抗をつけて
約3V前後になるように設定して、12Vのラインに潜り込ませればOKでしょと
考えました。

LEDについて

LEDにも色が色々あるけど、ホワイト?赤?黄色?青?色々ありますね。
元々ついている12Vは白熱球なので、その雰囲気を残したいと思いますので
チョイスとしては、アンバーを使いたいと思います。

良いのがあるじゃないですか!?12Vで抵抗入りの10個で590円なり。
これを使って、今の白熱球の回路に上手いこと取り付けちゃいましょう。

ばらし方

基本的には、外の外装のビス4本をばらして、中のメーターは接着剤で固定されている
ツメ3つで止まっているだけですので、カッターでその接着剤に切り目を入れてあげます。
1つとれば、斜めに引き出せます。

次に、メーターの殻割りですが、これも雑にセロテープ?で3カ所止まっているだけです。
サクッとそれを剥がせば、メーターの殻割りが出来ます。
後は、12vの直熱電球を拝むことが出来ます。スカしてみると、フィラメントが切れてました。
切れるのが早すぎますよ。

まあ、愚痴っていても仕方がないので次に行きます。
完成図からお見せしましょう。

まず、メータの中心にあるのが、問題の直熱式電球です。こいつを撤去しても良かったのですが
これはこれで、味があるので、いったん残した形で進めます。割とこの辺りのメーターが
プラスチックでできており、それらの熱変形などが発生しない様に、細心の注意を払う意味で
不要な作業は除くという事になり、切れているがそれらは残したままという選択肢になりました。

画像向かって、左が12V+側です。右が12Vー側になります。よって、LEDのラインを
+-を間違えないように加工して接続します。

LED電球の固定は、下記を使いました。

ボンドを塗って、紫外線LEDを5秒照射で硬化するので、作業が早くていいですね。
是非買ってみてくださいね。

若干話がそれましたが、メーターの中央部に0点ポイントを微調整するパーツがくるので
必ず、ラインはそのパーツの下を通すように配線を行います。

おすすめは、LEDを2灯ですが、4灯化した方がいいです。照明としてのムラがなくなります。
なので、抵抗無しのLEDにして、直列に配線を行って、3x4の12vで抵抗レスにしてもいいのかも
しれません。

後は、メーターを元にもどして、セロテープをはって、動作確認してねじを締めて完成です。

左右にLEDをいれているので、真ん中に若干の光のムラがありますが、全く明るさにしろ問題ないですね。
白熱球より明るくなったくらいですね。消費電力もきっと下がったと思います。
凄く微々たる量だとは思います。光量は間違い無くアップしましたね。
後、発熱はかなりさがったかもなって思っています。

もともとの照明と比較してどうですか?これはこれで悪く無いですね。
4灯にしたら、さらにムラがなくなって、よくなるとは思いますが
もはや、LEDにしたら数年規模で切れることはないでしょうからね。
次回やるときに、3灯化するか、4灯化するか考えます。
色は良い感じに出てますね。悪く無い。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts

Leave a Comment