ngixn パフォーマンスチューニング


Nginxパフォーマンスチューニング

たいした話ではないけど、nginxでphp-famを使ってPHPを処理させる構成は一般的ですが、時々下記の様なエラーが出る事がある。

readv() failed (104: Connection reset by peer) while reading upstream,

ちょっと数が多いわけじゃないけど、この辺りを発生しないようにパフォーマンスチューニングを施したいと思います。発生原因については、下記のホワイトボードの通り簡単な図を書いてみました。Visioとかでかけよって話もあるんだけど、ちょっと色々時間短縮の為、ごめんなさい汚い字でw

という事で、Nginxからphp-famの間が指定のDefault値待っても帰ってこない場合、Nginxさんは、タイムアウトとしていったんセッションを切ってしまうのです。その際どのような動きになるか?PHPで処理している画面はまっしろですね。そのサイトを見ている人とシステムの利用者様に取って見ると、あれ?出てこない!ってなるわけです。

要因について

処理を返せない要因は、色々あると思うのです。

  1. PHPの複雑な処理によって時間がかかる(PHPコーディングの問題)
  2. Access過多により応答を返せていない問題
  3. ネットワークセッションに対する問題もあるかも(ただ、今回はNginxとphp-fpmはソケット通信)
  4. CPU性能やメモリー不足でSwapなどしている様なスペックの問題
  5. DB肥大化によって、query処理に時間がかかっている問題
  6. そもそもworkerプロセス数の不足

今回発生した状況を考えて見ると、DBからAccessログを引っ張ってきて、再集計してグラフを書く処理を流したのですが、Accessログの肥大化によりquery処理に時間がかかって、Default値の10秒を超えてしまった為発生した模様です。

対応方針

とりあえず、処理に時間がかかる場合発生しているので、該当のセッションを維持出来る時間を延ばす方向。

設定変更(CentOS7 + Nginx + Php-fpm)

動作確認して問題無い事を確認する。


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts