テリキのボディリペア製品

このを読む およそ時間

ボディリペアにはかなりの製品が必要です。[:下:]
に仕上げるにはやはり
カーコンビニ倶楽部とか板金屋に持ち込むのが良いかと。[:がーん:]
しかし、費用もかなり取られる場合も多いです。[:汗:]

そこにかけられるお金がないのであれば
DIYでやってしまうのが良いかも。[:チョキ:]

写真に写っている製品はこちらで紹介予定です。

大まかな手順は以下の通り。

[:○:]凹んでいる部分を少し大きく
 耐ペーパーでサビや塗装を削りとる。

[:○:]脱脂を行う。

[:○:]パテ塗りを行う。
 ※パテ塗りは、中心付近を厚く回りは薄くなるように塗る。
  ただし、薄く塗る部分も周りのボディより厚く塗る。

[:○:]乾燥
 2液プだと約15分~20分で硬化するはずです。

[:○:]耐水ペーパーで表面研磨
 ※ボディと同じ厚さになった所でやめる。

[:○:]脱脂

[:○:]周りをマスキングしてプラサフを塗る。

[:○:]耐水ペーパーでならす。
 ※ボディと同じ厚さになった次に行く。

[:○:]バテを塗った部分一枚(たとえばドア1枚など)を
 残してマスキングする。

[:○:]塗装を行う。
 ※パテ塗り部分右左にぼかし材を塗っておく。
  パールやメタリックなどは塗装も必要。

[:○:]乾く前にマスキングをはがす。

[:○:]そのまま一週間乾かす。

[:○:]一週間後コンパウンドをかけて表面を研磨する。

[:○:]ワックスをかけてリペア完了です。

細かな注意点は、実際の工程で紹介できればと思います。
とりあえず、この手順で行う予定です。

Related posts