クラクションが鳴りません・・・。


先日部品が届いたので今日少しお見舞いの時間を一部
もらえたので交換と思って作業を開始したのですが・・・[:がーん:]

線を最初から引き回すのはめんどくさい!!
そこで、壊れたと仮定したリレーと補正ユニットを
新品と交換してクラクションOn!![:きゅー:]
鳴りません。

そこで、おそらくリレーと補正ユニットは壊れていないと
仮定して原因を追及し始めました。

テスターの出番です。

バッテリーにつながっている結線にテスターを当てる。
13Vそこそこ!!OKだね。

そして、怪しい配線・・・。純正ホーンに接続されていて
そこから補正ユニットにきているライン。

ここにテスターを当ててホーンOn!電気は流れてるな。
ん!?[:ぎょ:]なんかおかしくね?

5Vって!これ5Vで動いてたっけ?そんな訳なくね!?

原因はこうでした。

純正ホーンに接続されている配線から
エアホーンの補正ユニットへ接続されているが、
そこにきている電圧が5V・・・エンジンをかけても6Vと少し!
スーパーカブか!最近のスーパーカブでも12Vつんでるわ!!

と、5Vではリレーハーネスの30Aのリレーが動作せず
クラクションが鳴らない!それはそうだ!!

なぜ?この配線を抜いてみると接点が・・・・。
腐ってる!?いや、酸化している状態。

接点復活剤を吹いて何度かさしたり抜いた!
電圧を測ると13V出てるよ。

クラクション鳴らない時も、ホーンボタンを押すと
車内リレーがカチって!動作しているので
内部は大丈夫だと思ってたら・・・意外な落とし穴でした。

これで、4000円もしたエアホーン補正ユニットがお蔵入り!
この補正ユニットおそらく家の中にもう1セットあるんです。
お蔵入り!探しても出てこなかったです。

なんてった![:がーん:]


PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts