新型小型オービスが従来機種では対応できない理由

IMG_20170523_084835.jpg

新型小型オービスを歌ってる製品が発売されてきた。
ムム、その仕様をみる限り、kバンド・xバンドと書いてる。

対応を歌ってる製品とそうでない製品を
比べると違いがない。

何で?と思ったのですが、
どうも、今まで搭載してたkバンドは国内で
使用がなくて、海外でつかわれていて
国内でも、導入された場合の想定で搭載しているものらしい。

今回の小型オービスは、紛れもなくkバンドをつかった
機械になるのですが?やっと今までの機種でkバンドが
比の目をみると思いきや、この新型小型オービスは
kバンドだが、24.15GHzとしており
今までのkバンドは、24.2GHzとなり
旧製品は、これ検知できない理由はそこですね。

もともと、受信を待ちかまえている周波数が違うのです。
今後kバンドは、小型オービスにオフセットしてくるか
従来のkバンドと新型小型オービスのkバンド両対応に
なっているのか?詳細な詳細は全くわからないですね。

金額上前者の新しいkバンドにオフセットするが
正しいような気がします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`fc2` not found]

PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts