固定資産売却の際の難しい用語

IMG_20170516_084750.jpg

この度、固定資産というか不動産を売却しました。
その際、権利書という奴を処理するんですが
持っていた権利書を渡して、空にして返す処理が
行われるようですね。

なので、用語としては処理前の権利書は権利書であって
処理済みなのは、譲渡されて所有権がなくなり
空の権利書とうことになるんですね。

分かりやすいですが、このあたりは過去から
余りかわってない気がしました。

新居の権利書は、電子化されててシリアル的なのを
受け渡しして処理するっぽいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`fc2` not found]

PVアクセスランキング にほんブログ村

Related posts